www.chforch.com

-

-

外為取引の経験がない方が為替の要所を探し出すためにはまず初めに取引を積み上げていく事が大切です。特に、前もって危険性を察知できるようにするようになるには、負けを重ねる事も重要です。無論、マイナスになるといっても立ち上がれなくなるほど重大な間違いをしてはいけません。取り返しが付くミスを数回経験することが結論としてあなたの経験値を高めてくれるはずだ。こう考えるとまずは少額資金で売り買いをして、それによって何回かちょっとした失敗をすることが重要です。一例として、100万円しか投資資金がない場面でいきなり全部投じて注文するとミスした時、永遠に再起できなくなってしまうリスクがあります。それならば、ひとつの例として1割ずつ分割してエントリーして、ここで買ったり負けたりを経験した方が、損を埋め合わせる技術なども覚えるはずです。まず最初にわずかなお金で投資することの長所は、前述したように、あなたの実戦を増やし、損をコントロールする方策を学習していく事にありますが一緒に、売り買いの回数を多くする事で危険性を減らす事ができるという良いところもあります。一例として、1度限りのトレードで利益を上げられる確率が5割だと考えます。この場合、同じく二分の一の確率で負ける危険性もあります。勝率50%ということは五分五分の確率でプラスになる事を意味している。だが、全部の投資資金を注ぎ込んでただ1回の勝負をするということは、100%の勝ちか、100%の負けかのいずれかになります。それはたんに1度の丁半バクチと同じ。結局のところ、全財産を投資して1回のみしか仕かけないと、これだけでは負ける率が高まってしまうのである。これを避けるために、資金を1回に全部投入するのではなく、何回もに分けて回数を積み重ねる事がリスク分散となります。同時に何度かに分けたとしても、全部に稼ぐ必要はありません。はっきり言うと、勝てないのが実際のところです。投資で大事なのは、勝利回数ではなく、いくら稼ぐかです。勝率が2分の1でも或いは3割でも儲ける事は出来ます。負ける確率が高くても損益がわずかであればわずかな勝利の利益の大きさで相当儲けられます。それには、損失を小さく、利益を大きくを忘れない事です。マイナスになったら即損切りして、逆に儲けられる場合は出来るだけ大きくプラスにする事がFX投資の経験の浅い方が外為取引で利益を上げる手段です。

Copyright © 2000 www.chforch.com All Rights Reserved.