www.chforch.com

-

-

ローンしたケースは、支払う時には利率を含めての返金になるのは知っているはずです。金融会社は利益を目当てとした企業ですから無論問題ありません。そうはいっても返済する方は、1円でも少なく返金したいというのが本心でしょう。利息制限法が施行される以前は年率30%近い利子返済していましたが、施行後は高くても18%位とかなり低く設けられているので、とっても良くなった気がします。今のローンの利息の範囲は4%位から18%位の範囲が設定されていて、利用上限額により設定されます。利用可能額は借り主の評価によって決まります。総量制限により年の収入の1/3までと指定されいますので、年収がどれほどあるのか?どういう職業についているのか?カードの利用履歴はどうなのか?いろいろ確認され与信限度額としてカードの内容が決まることになります。カードを使ったローンの場合利用可能額が10万円〜800万円(各業者で金額は異なります)と広い枠があります。そしてその範囲の中で決定した使用可能額により利息も決まってしまいます。50万円なら年18%、300万円なら年12%、800万円なら年率4%といった具合になるでしょう。つまり、信用度が高評価であれば、貸付可能金額も高くなり、利息も下がるというわけです。この利子に疑念を抱くのは私だけでしょうか?余談となりますが、銀行又は金融機関にとって、それらは当然でしょうが、一年の収入の良い人がお金の借入れが必要とは考えずらいですし、万が一キャッシングローンを利用した時でも利息が良かろうが悪かろうが支払いに追われる事はないはずです。反対に年の収入の低い人は即座にお金が必要なので融資を受けるという人が大抵です。利子が多いとお金の返済に困るようになります。ですから借り入れ可能範囲の小さい人こそ低金利で活用できるようにすべきです。この考えは利用する自分が置かれている立場としての考えとなります。この事を踏まえて、利息を低くする為にはどうしたら良いのか、何となく理解したと思います。現実、このようにして申し込む人が大多数なので説明しますと、クレジットカードの申し込みをする場合、年収の1/3ぎりぎりの利用上限まで申込みをするのです。年収600万円なら200万円。申込みのカードローン審査で全金額通ればそれだけ利率が安いキャッシングできるカードを手に入れることができるのです。であっても上限ギリギリまで使わなければならないわけでもないのです。5万円でも30万円でも必要な分だけの利用ができます。そして利用限度可能額が300万円で最低利息7%位のローン会社もあります。その会社に申し込めばその業者の最低利息で使用できるはずです。どうですか?やり方を変えるだけで低利率のクレジットカードを持参することが出来るのです。自分の一年の収入とローン業者の利率を比べて、調査さえ怠らなければ、より望ましい契約でキャッシングできるはずなので、しっかり調査するようにしてください。

Copyright © 2000 www.chforch.com All Rights Reserved.